癒し

【癒しとペット】ペットの癒しと健康効果を解説!!おすすめ動物を紹介!!

 

なぜペットを飼うと癒やされるのか?

ペットを飼うことで、なぜ人間は癒やされるのでしょうか?
それは、ペットを飼うことで、人間の脳内にあるセロトニンの分泌が増えるためです。

セロトニンは人間の心の中にある、脳の安静環境を整える脳内物質の一つで、ペットに触ったり、目を見ると、分泌されます。
人間はそもそも孤独になると不安を感じ、脳内の安静が保つことができない生物です。

ペットという自分の仲間に触れ合うだけで、癒やされ、心が安心するようになっています。動物を触ると体温を感じて、安心するのはこのような人間の性によるものなのです。

また、このセロトニンの分泌の量に関しては、その人が好きなペットの種類によって変化します。

そのため、動物の種類ではなくて、自分が好きな動物であるかどうかで、健康効果をあげることが出来るのです。

今回紹介するのは、多くの人が癒やされるというおすすめのペットですが、自分が好きかどうかを考えて決めることです。



可愛く・充実な「犬」


最初に紹介するのは、ペットとして、代表的なです。
犬の癒やしポイントはなんてたって、飼い主に忠実な性格であることです。

犬は群れで暮らしている動物のため、人懐っこく、加えて主人に従順な性格を持っています。
加えて、多くの体型を持つ種類もいるため、小型犬・中型犬・大型犬と、自分が癒やされたい性格や容姿を持っているパートナーを探しやすいのも特徴です。

犬の大きなメリットは、人間と同じ体内時計のため、夜行性ではないことです。
そのため、体内時計が朝よりの人にはおすすめしたい癒やし動物になります。

また、犬は、触っても良い部位が比較的多く、親しい間柄ではない限りでは、お腹以外はおとなしいのも特徴です。

一緒にお風呂に入って癒やされたい場合は、水を怖がりにくい種類を選ぶことをおすすめします。



愛らしい容姿と気まぐれな性格の「猫」

つぶらな瞳と毛並み、そして気まぐれな動物といえばです。
猫の大きな特徴はその顔のバランス愛らしさです。

猫の肉球はプニプニしていて気持ちよく、加えて甘えるときはゴロゴロ甘えてきます
また、人間に甘えるのも上手で、非常に愛らしいのも特徴です。

猫は、個体差や種類によって、性格が大きく変わるのと購入した際は慣れない環境で警戒心が強いものが多いのですが、徐々に慣れていくのがポイントです。

気を許すようになると、毛づくろいや頭をなでてもおとなしくなります
また、触れ合うだけではなくて、寝ている姿を見るのも、癒やしになるポイントがある動物です。



ほわほわした毛を持つ愛らしい「うさぎ」

うさぎ最近ペットとして人気の動物で、愛らしい耳と顔のバランスはもちろん、毛並みも良いのが大きな特徴です。

うさぎの最大の特徴は、うさぎの毛がほわほわしていて触るだけで極上の癒やしになることです。

また、餌を食べている光景も見ているだけで、癒やされるという声が多数上がっています。
最初の頃は、環境に慣れていないため手渡しで、餌を食べてくれませんが、慣れてくると餌を手渡しでも食べてくれるようになります。

また、犬や猫よりも寿命は短いものの、鳴くことがないため、マンション・アパートなどでも飼いやすいのも大きな特徴です。

うさぎは夜行性と言われますが、それは間違いで、本来明け方や・夕暮れの時間帯で活発になる動物です。
うさぎの体内時計が狂わないような生活の工夫をすれば、とても飼いやすいおすすめのペットになります。



人懐っこく可愛い「ネズミ類」

ネズミ類も非常におすすめしたい癒し効果が高いペットです。
ハツカネズミハムスターファンシーラットがこの中に該当します。

ハツカネズミは人懐っこく、容姿が端麗で毛並みが艷かです。
加えて、手に載せて遊ぶことや餌を手渡しすると言ったことも、比較的早く慣れやすいのが大きな特徴です。

ハムスターは持ち前の愛らしい姿に加えて、丸っこい容姿、加えて両手で餌を食べる姿が可愛いのが人気の秘密です。

ハツカネズミやハムスターは、狭いスペースでも飼うことが出来る癒し動物なので、初心者でも飼いやすいのもおすすめしたいポイントです。

ファンシーラットの場合は、ハツカネズミをそのまま大きくした容姿ですが、大人しい性格で、人間の顔を覚える賢さも持っています。

加えて、大きいため触った時の癒やしはハツカネズミやハムスターに比べて大きいのも特徴です。



【まとめ】癒やされる動物は自分の好きなものを

動物を飼うと健康効果が上がって、癒やされるというのは本当で、人間の心の中にある孤独を埋める効果があることと、脳内のセロトニンの分泌が盛んになることで発生します。

おすすめしたいペットは、犬、猫、うさぎ、ネズミ類ですが、どんなに癒やされるといわれても、自分が本当に好きなペットを選ぶことが大切です。

また、自分が癒やされるだけではなくて、ペット自身も癒やされるような環境を作るとよりお互いの健康効果をあげることができます。

双方が快適な環境を作りつつ、互いが必要とされるパートナーとしての関係を作る事が大切です。

【ストレス解消】日々の仕事でかかるストレスの簡単な発散方法をご紹介します! 目に見えないストレス気づかないうちに溜め込んでいませんか? みなさんがストレスを貯めてしまう原因は、日常生活において例えば...
【即効性有り!】仕事などのストレスからのイライラを解消する5つの方法!! 「ストレス溜まる → イライラ」 の悪循環を解消する! 毎日忙しく働いていると、ストレスが溜まってきてイライラすることは...



ABOUT ME
SAKURA
SAKURA
SAKURA です。  忙しい日常を少しでも癒やせたら嬉しいです。睡眠やストレス発散のいろいろな情報やお話を発信していきます。 *アイコン画像は「ときわた」さん(@tokiwata_soul)に描いていただきました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です